理想のマイホームを賢く選ぶために

維持費を安くする経済的な家づくり


マイホームを建てる時にしか選べない、後から変更が難しい所で経済的なものを選ぶと生活が楽になります。家は建てた後にも継続的に維持費がかかるからです。とりわけ光熱費が気になる所ですが、太陽光発電を屋根に導入するなどが有効な方法です。太陽光発電を導入する場合、昼間の電気代節約になりますが、売電システムなども導入する家庭が多いです。
家庭内で消費される電力のうち季節要因で利用が増えるエアコンは運転開始時に消費電力量が特に多くなるため、各部屋に取り付けたエアコンをオン・オフ繰り返すことで多くの電気を消費してしまい電気代に跳ね返ってしまうのです。高気密高断熱住宅が増えていることから、全館空調を導入することで冬場のヒートショックを和らげつつ光熱費の節約に役立ちます。

キッチンデザインはIHでスッキリ


日本全国どこでも導入しやすいキッチンがビルトインIHコンロです。火を使わないにも関わらず火力が強くなるよう改良されており、毎月かかるコストも安上がりとなることから注目されています。掃除のしやすさと共にデザインが優れたものが登場していることから、ドイツを始めとしたEU圏からの輸入品も選べます。
軽井沢のような高原に住む人や寒冷地に住む方にとってオール電化住宅用の給湯設備を室内に作る家庭が増えています。屋外に比べて配管凍結の危険性が低減されるためです。このため、全館空調とオール電化に太陽光発電を組み合わせた最強の設備を組み込んで浮いた費用で気に入った家具を買い換えたりと楽しむ余裕が出来ます。建築時のコスト以上にランニングコストを考えることでゆとりある生活を営む工夫が出来るようになります。

求めている住宅に近づけるためには、優れた専門業者に建築デザインを依頼するのが良い方法です。プロならではのアドバイスをしてもらうことができるため、より完成度が高くなります。