住宅の土地選び、何を重視する?

こんな土地はNG!一生住める土地選び!


一般的に家は人生最大の買い物を言われ、何かあっても買い直しができる品物ではないです。その為家を購入する時は様々な事を考慮する必要があるのですが、中でも家の基礎になる土地選びはより慎重になった方が良いです。
まず現代は技術が進んでいるので一見大丈夫に感じがちですが、水場より低い土地は避けた方が良いです。役所等で調べると、土地には海から海抜何メートルというのが提示されています。これは海の表面から何メートルという事を表しているので、あまり低い様では万が一台風等で防波堤が崩れた時すぐに浸水する恐れがあります。また昔沼だった場所も大きな地盤変化があった時地盤がぬかるむ恐れがあるので、同様に避けた方が賢明です。

自分にあった土地柄!一生愛せる土地を探したい!


土地選びという点では地盤がしっかりしていればどこでも大丈夫ですが、一生住むと仮定すると自分の生活スタイルを考慮した方が良いです。具体的には通勤は電車か車かによって、駅からの最適の距離が分かります。子供がいるのであれば、近くに病院や学校などあった方が良いでしょう。
しかし住むにあたって一番注意するべきは、土地の風潮です。皆が助け合い声を掛け合う土地やお互い干渉しない土地等、土地柄と言われる付き合いがある処が多いです。なので今後自分がどういった付き合いをしたいのか、自分はその土地に馴染めるのかも大事な事です。その為には最近はネット等で土地の情報をアップされている事が多いので、そういった人にコンタクトを取って土地の風潮を聞いてみると良いです。

設計事務所では、建築物の建築設計や構造設計(強度や安全性に関わる構造計算書の作成)・設備設計(電気など設備の安全性・消防法に基づいた設計の確認)などを行います。建物全体の設計管理を請け負う仕事です。